お金 親ばか

プロにペットの写真を撮ってもらおう!

日ごろiPhoneにてまろの写真を撮りまくっているのですが、ドッグランお友達の方に教えてもらって、プロにも写真撮影をお願いしてみたのでご紹介します!

ハニービー

いろんな場所で出張写真撮影をしているハニービーがお台場に来ていたので撮影してもらいました!とってもらった写真はカレンダーやマグカップなどグッズにしてもらうことも可能です。私は全デジタルデータセット(30枚くらい)を12,000円くらいで買いました。

さすがプロ、おもちゃなどを駆使してカメラ目線の犬を撮影する技術がすごい・・・。15分くらいですべての撮影を完了していました。シーズンに合わせた舞台セットも豊富なので、季節ごとにテーマを決めて撮影することもできます。まろは普通バージョンとクリスマスのサンタクロースバージョン、お正月の獅子舞バージョンを撮影してもらいました。(犬の服は持参してます。)

データをもらうのは2か月後くらいになるので、年賀状など目的があって撮影する場合は前もって撮影した方が良いかと思います。私の時は、一部のデータだけ年賀状用に欲しいとお願いしたらその場でエアドロップで受け取ることができました。

飛行犬撮影

もう一つプロに依頼したのが飛行犬撮影です。犬が全力で走っているところを連射して、空中に浮いている状態を撮影する飛行犬撮影が巷で流行っていると聞き、まろも撮影してみました。

実は飛行犬撮影は一眼カメラを持っている友人たちと一緒にセルフでの撮影を試みたことがあるのですが、あっちこっちに走る犬にピントを合わせて撮影するのが難しく、中々うまく取れませんでした。自分たちで自己流で撮ったときの写真がこちら。

そこそこそれっぽいものが取れましたが、まろの顔がやばいですw 8月の暑い中、まろと一緒に何本も走ってへとへとになりました。

飛行犬撮影の第二弾ではお台場ドッグリゾートで定期的に開催されているプロの飛行犬撮影会に参加。私は2トライ5,000円のコースで正面・横・斜めから撮影してもらいました。実際にプロに撮ってもらった写真がこちら。

めっちゃ飛んでいる!!!撮影は5本まろが走って、10分くらいで終わりましたが、しっかり飛べていて感動しました。データはその場で受け取ることができ、連射写真がすべて入っているので飛んではないけど必死に走っている時の写真も見ることができます。これはこれで必死でかわいい。笑

 

プロに取ってもらって学んだことは、飛行犬撮影の時、人間は走らなくてよいということです。飼い主がゴール(カメラマンの横)に待機して、スタート地点で別の人に犬を抑えてもらって、カメラの準備が整ったところで犬を解放し、飼い主の下まで走らせます。おもちゃやおやつでおびき寄せるのもありです。

飛行犬は犬がダッシュしないとうまく撮れないので、若い犬ほど撮影しやすいです。いつか撮ってみたいと思っている方はなるべく若くて元気なうちにトライすることをおすすめします!

ALBUS

最後におまけですが、かわいい写真をたくさん撮ると、せっかくだからアルバムにしたいな~と思う方も多いのではないでしょうか。とはいえ、すぐに飽きてしまう方におすすめなのがALBUSです。アプリで毎月無料のましかく写真がプリントできるので、私は毎月お気に入りの数枚を印刷してアルバムにしています。(郵送料は別途発生します)

招待コードを使うと毎月の無料印刷枚数が増えるので、もし興味がある方はぜひこちらを入力して枚数を増やしてくださいね。

招待コード:22786

ちなみに印刷した写真のイメージはこんな感じです。実際に印刷を依頼すると、アルバムに入れた時のイメージ画像と動画をアプリ内で無料発行できるので、データでも紙でも楽しめるのがこのアプリのいいところです。そして月一の無料枠を逃さないように定期的に印刷しようと思えるので、三日坊主の私も1年くらい続けられています。

ぜひ皆さんも可愛いわが子の写真撮影を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です